メイン画像

犬のヤキモチにも気をつけて

犬を何匹も飼っていると、トリミングサロンから帰ってきた犬と留守番の犬とが喧嘩することがよくあるそうです。
これはトリミングに連れて行かれていた犬はじっとしていたりなんたりといろいろと我慢をしていたわけですから、家に帰ってその我慢が大爆発するという感じで留守番していた犬に八つ当たりをするそうです。留守番をしていた犬の方は、飼い主と一緒にでかけていた犬に対して「仲良くどこに行っていたのか」と怒っていてムカムカしているそうです。犬同士の中で、犬は飼い主が他の犬にかまうとやきもちを焼くことが解明されたそうです。
多頭飼の飼い主さんはそこらへんを気をつけてあげないといけないそうです。他の犬にやたらと吠えてしまう犬の場合は、犬同士の接し方がわからないということがあるそうです。これは親元から早くに引き離された犬に多く見られる行動だそうです。犬は親や兄弟と過ごしながら、生後50~60日くらいかけてコミュニケーションに関わる脳を育んでいくそうです。このことから犬を生後56日まで親元に留めるように法律も変わったそうです。
犬同士の付き合いがわからないと、飼い主も困ってしまうかと思います。首の後ろの毛が逆だっているのは、見慣れない犬なんかと会ったときに「怖いけど、興味津々」といったサインだそうです。首の後ろの毛というのは、興奮してくると最初に逆立つところだそうです。威嚇しているときや嬉しいときにも逆だったりするそうです。見慣れない犬や、バッタやカエルといった見慣れない動きをするものにも後ろの毛を逆立てるそうです。
ワクワクしているけど怖くて手が出せない。でも興味があるし楽しそうというところだそうです。ちょっと小心者の犬に多いそうです。

サイト案内人

こんにちは!僕がステッドダヨ!
好きな食べ物はお肉とおやつ!!
何かあったらすぐ聞いてね↓
info@hampsteadmarket.com

TOP