メイン画像

犬と犬のサインについて

犬同士がお互いのお尻の臭いを嗅ぎ合うのは、自己紹介しているようなものだそうです。お尻の肛門腺というのは犬の情報が分かる部分だそうです。
お互いの情報をにおいで確認して、相手に有効的な気持ちを伝えるという意味があるそうです。お尻の臭いを嗅がせるというのは無防備なところをさらけ出し、喧嘩をする意思がないことを示しているそうです。犬同士が仲良くなるための最初のコミュニケーションだそうです。犬や狼というのは仲間同士で寄り添って寝る習性があるそうです。それはみんなで寝ることで危険を察知する能力が高まるからだそうです。何かあったときには、すぐに異変を伝えることができるからというのもあるそうです。ただ、ペットとして飼われている犬が平和に暮らしているなかで、警戒心というのはあまりないような気がします。
そのようなペットとして平和で暮らしている犬は仲が良くても寄り添って寝るということをしない子もいるそうです。比較的寄り添って寝るというのは、冬だそうです。暖かいことを求めているからだそうです。逆に一年中くっついて寝るというのは相当な甘えん坊だそうです。一緒に暮らしている犬同士が突然、仲が悪くなるということもあるそうです。飼い主さんはかなり焦ってしまうかと思います。これは恋のバトルという可能性が高いそうです。
オス同士のメスの取り合いということだそうで、発情期になるとメスの犬を巡って喧嘩をすることがあるそうです。近くに取り合うようなメスの犬がいないと心当たりがない飼い主さんもいるかと思います。ただ犬というのは、生理後のメス犬の臭いは風に乗って2キロ先まで飛ぶものといわれているそうです。
広範囲にわたって恋のバトルが繰り広げられるそうです。

サイト案内人

こんにちは!僕がステッドダヨ!
好きな食べ物はお肉とおやつ!!
何かあったらすぐ聞いてね↓
info@hampsteadmarket.com

TOP