メイン画像

犬種によって性格も違う

ボーダーコリーやシェルティといった牧羊犬の血が入っている犬は、羊を追い込むという本能があるそうです。彼らは動いているものに対して反応する習性があるそうです。
自転車を見ると追いかけていってしまうのも、牧羊犬の血が騒ぐといったところだそうです。吠えながら追いかけて姿が見えなくなってしまうのですが、犬の方は、広大な牧場で羊を追い込んでいるような達成感があるかもしれないそうです。自転車を追いかけて牧羊犬気分を満喫するというのはとてもかわいいものだと思います。一方で、動いているものを怖がる犬もいるようです。これは小型犬で怖がりの犬種に多いそうで、動いているものに反射的に吠えまくるということをするようです。犬は古来より、人を助けたり、癒やしたりしてきたと思います。犬の仕事は大きく3つに分けられるそうです。
「狩猟」「守る・助ける」「かわいがられる」。このそれぞれの働きぶりから、犬の特性というのがわかってくるそうです。以下のように犬種によって性格に違いがでるため、犬のおもちゃを購入される際にはその犬種の性格を把握することが大切かもしれません。
狩猟犬のグループの中には、ハウンド・銃猟、スポーティングドッグ・鳥猟、てレア・穴居害獣猟の3つに分かれるそうです。ハウンドにはダックスフントやビーグルが属しているそうです。彼らは五感に優れ、運動量が多いのが特徴だそうです。スポーティングドッグにはレトリバーなどが属しているそうです。
彼らはハンターの命令に従うように改良されたということで、従順な子が多いそうです。
テリアは害獣退治を任されていたそうで、小型ながらエネルギッシュで活発な子が多いそうです。守る・助けるのグループは家畜を守ったり荷物を運んだりするワーキングドッグでドーベルマンやシベリアンハスキーなどの力強く勇敢な性格だそうです。

サイト案内人

こんにちは!僕がステッドダヨ!
好きな食べ物はお肉とおやつ!!
何かあったらすぐ聞いてね↓
info@hampsteadmarket.com

TOP